海外不動産に投資すればガッツリ儲けられる

ウーマン

周辺の競合物件を調べる

不動産に投資するときは、そのエリアの家賃相場を調べましょう。家賃相場で得た情報から物件の家賃を相場見合った価格にすることで不動産投資を成功へと導けます。また、家賃相場を調べることで競合物件よりも有利な立場に立てる設備投資が可能になります。

投資の今後

積み木

海外に目を向ける

近年のグローバル化に伴って国内の不動産投資だけでなく、海外に視野を向けている人の数も増えています。国内では人口減少により不動産の価格も落ちるであろうと予測が立てられており、不動産投資を行うメリットもなくなってくるのではと心配されています。その点海外では新興国も多くあり、これから経済が発展する見込みも得られます。特に現在ではアジア圏内のタイやマレーシア、フィリピンなどの海外不動産が注目を集めています。また先進国ではカリフォルニアなども良い物件が見つかりやすいと評判を呼んでいます。タイは日本の企業も多く進出しており、また国自体も高度経済成長の真っ只中にあります。マレーシアは人口が増加している傾向にあり、住宅の需要も拡大すると見込まれています。フィリピンはマレーシアよりも人口増加率が高く、また経済の成長率も他の国にくらべ高いです。アジア圏内で海外不動産を考える方はこれら3国を考えておくと良いでしょう。カリフォルニアは現在移民の増加や先進国での出生率が一位であることなどから海外不動産の投資先として注目を集めており、安定した投資を考える方におすすめできます。またこういった海外不動産投資を考えている方にとって大事になるのが英語のスキルです。英語は国際共通言語と呼ばれ、海外で行動するためには必ず必要となる言語です。なのであらかじめ英語力を身につけておく必要があります。また信頼できる業者とパイプを作っておくことも大切です。広い人脈を持っておくにこしたことはないので、その中で信頼できる人を見つけましょう。

男の人

急な転勤でも安心

リロケーションという言葉が一般的に使用される様になり、購入した自宅やマンションを有効に活用が出来る様になりました。そして専用の業者を利用する事で、管理をすべて一括で外注出来ますので、是非利用を検討してみましょう。

集合住宅

管理会社が行う重要な業務

マンションは部屋数が多いのでマンション管理会社に委託します。管理会社の主な業務は事務管理、清掃、メンテナンスです。特に重要なのは清掃とメンテナンスで、入居者の集客に影響します。メンテをすることで建物の劣化を防げます。家賃保証制度のある管理会社なら、家賃の回収や空室の家賃も保証してくれます。