海外不動産に投資すればガッツリ儲けられる

  1. ホーム
  2. 管理会社が行う重要な業務

管理会社が行う重要な業務

集合住宅

清掃とメンテナンスが基本

マンション経営では部屋数が多いのでオーナー1人で管理するのは無理です。そこで専門のマンション管理会社に委託することになります。マンション管理会社の主な業務は事務の管理業務、清掃の業務、メンテナンス業務の3つがあります。事務の管理業務としては主に会計関係の仕事になります。マンションの管理費の徴収や家賃の滞納や未払いのチェックなどです。清掃業務はマンションの共用部分の定期的な清掃です。共用部分というのはエントランスや通路やエレベーターの中などです。清掃業務がしっかり行われないと、入居者が集まらなかったり空室が出やすくなります。メンテナンス業務は建物の点検や検査をして、水漏れ箇所やヒビ割れ箇所などの補修を手配します。またエレベーター設備なども定期的に検査をしますが、専門の業者に委託する場合もあります。その他には浄化槽や給排水設備の点検も行います。メンテナンス業務はマンションの劣化を防ぐために重要です。主にこの3つがマンション管理会社の業務になりますが、その他にも家賃保証制度を利用できる管理会社もあります。オーナーはマンションの経営をマンション管理会社に請け負ってもらい、管理会社は入居者の募集や家賃の回収までも行います。そして空室が出た場合は空室分の家賃をオーナーに支払います。空室保証があるのでオーナーにはメリットのあるマンション管理会社ですが、家賃収入の2割から3割を委託費として支払うことになります。