海外不動産に投資すればガッツリ儲けられる

  1. ホーム
  2. 周辺の競合物件を調べる

周辺の競合物件を調べる

ウーマン

適切な価格に設定する

不動産投資において入居者からの家賃が収益を決定します。ですので、不動産投資で成功を収めるためには家賃設定が非常に重要になります。それでは、どのように家賃を決定すればいいのでしょうか。それは、周辺の家賃相場を把握することです。購入した物件の周りには競合する物件が存在しています。満室にしようと家賃を低く設定してしまうと家賃収入を減らしてしまいますし、家賃を高く設定してしまうと入居者が集まらなくなることも考えられます。ですので、不動産を購入する際は家賃相場をしっかりと調べて、家賃は適正な価格に設定することが大切です。ちなみに、新築物件の場合は人気があり入居希望者も置くなるため、相場価格よりも少し高めに家賃設定をすることも可能です。この家賃相場はインターネットで調べることができます。不動産情報サイトをで地域を選択して物件の情報を入力すると簡単に相場価格がわかります。くわえて、不動産会社と管理会社に相談をすることも忘れないようにしましょう。不動産会社は周辺の物件の価格を把握しています。管理会社は物件の管理を業務としているので家賃相場のデータを保持しています。また、家賃相場を把握しておくと設備投資の際にも役に立ちます。競合する物件には無料で使えるインターネット回線があるのか、ユニットバスなのかセパレートか、エアコンの有無、宅配ボックスの設置状況などを調べて競合物件との差別化を図れます。不動産投資において家賃の設定はとても大切なことです。家賃相場を把握して適正な家賃を設定し、収益の向上につなげましょう。